就職をする際の重要な面接

就職活動時や、転職活動をする際には、まず書類選考に通過しなくてはなりません。

面接の際の基本的なマナーと身だしなみ

就職をする際の重要な面接 就職活動時や、転職活動をする際には、まず書類選考に通過しなくてはなりません。履歴書や業務経歴書を丁寧に書き、その選考に通ることが第一条件になりますが、その後には必ず採用担当者による面接が控えています。面接では、書類選考の時点ではわからない応募者の人柄や身だしなみといったところから、直接的に印象を見られることになりますので、面接の際の基本的なマナーを押さえておくことが大事になってきます。

面接時には、明るく元気良くやる気に満ちた人材であることをアピールすることと同様に、必要最低限のマナーを身につけておくようにすれば、採用担当者へのイメージも良くなり、評価も高くなるといえます。応募した企業に採用されるためのマナーとしては、どの業界や男女を問わず、服装の指定がある場合を除いて、原則的にスーツを着用して面接に臨むということが基本になります。また、着ていったスーツが汚れていたり、シワがついていたりすると、不潔な印象を与えてしまいますので注意が必要です。

それに加えて、髪の毛の手入れもしっかりとするようにして、履いている靴にも気を使い、細部まで清潔感のある身だしなみを心がけておくことも大切な要素になります。面接の際の言葉遣いも、採用担当者の目を見ながら丁寧な敬語で話すようにします。あと、意外な盲点として香水やタバコなどの臭いもその人の印象をマイナスに変えてしまうことがありますので、注意したい点です。

おすすめ情報

Copyright (C)2019就職をする際の重要な面接.All rights reserved.