就職をする際の重要な面接

企業への就職や、転職活動の際に行われる面接では、入室するときから退出するまでの間、基本的なマナーがありますので常に意識しておきたいところです。

最低限身につけておきたい面接時のマナー

就職をする際の重要な面接 企業への就職や、転職活動の際に行われる面接では、入室するときから退出するまでの間、基本的なマナーがありますので常に意識しておきたいところです。マナーが欠落していると、選考の際にマイナスに影響してしまいますので、事前に最低限のマナーは身につけておくようにしましょう。

面接の当日、応募した企業へ到着したら、受付に行く前にスーツにフケなどの汚れが付いていないかや、髪の毛が乱れていないか、ネクタイが緩んでいないかなどを持参した鏡で確認しておきます。その当日に雨が降っていて傘を持っている場合には、濡れたまま会社に入りらないようにします。面接が妨げられないように、携帯電話の電源をオフにして、約束の時間の5分から10分前くらいになったら、受付に向かいます。その際、社員の方々と顔を合わせた場合には、積極的に挨拶をするようにしたほうが良いです。そして、受付の方に名前と面接を受ける旨を伝えて、案内に従い時間まで待つことになります。面接までの待ち時間の間、他の応募者との私語は、なるべく慎むようにしましょう。

面接室に入室するときには、ドアを3回ノックし、面接官の方からの返事を待ってから入るようにします。また、先に面接室に通され、面接官が来るのを待つケースでは、ノックが聞こえた時点で返事をし、即座に立って、面接官の指示があるまで着席しないようにします。面接がはじまったら、敬語で明るく返答していき、終了したらお礼の言葉を述べて、面接室から出て行くことになります。退出の際には、一言失礼しますと付け加えることで、より好印象を与えることができます。

おすすめ情報

Copyright (C)2019就職をする際の重要な面接.All rights reserved.